EXCEL 効率よくデータを入力する

今日、10月3日は「登山の日」らしいです。

県内の山々もこれから本格的に秋の彩に変わることでしょう。

厳しかった残暑も明日まで。

明後日からは急激に気温が下がる予報です。

また、短い「秋」になりそうですが、素敵な「秋」を満喫しましょう。

 

今日はEXCELのワンポイント!

データの入力範囲が複数の行と列にわたる場合、事前に範囲選択をしてから入力を行うとアクティブセルの移動にかかる手間を省くことができます。

①数値を入力する範囲を選択します。

※複数のセルを選択している時、アクティブセルは白く表されます。(下図ではB4)

②キーボードの【半角/全角】キーを押し、日本語入力システムをオフにします。

(セルB4)に「8000000」と入力し、エンターキー押し確定します。

③アクティブセルが1つ下へ移動します。

④同様に操作を繰り返し(セルB9)まで数値データを入力します。

(セルB9)がアクティブの状態でエンターキーを押します。

⑤隣列の先頭(セルC4)がアクティブになります。

⑥同様の操作を繰り返し選択範囲内に数値データを全て入力します。

(セルE9)まで入力が済むと、任意のセルをクリックして選択を解除します。

 

 

 

Follow me!